人気ブログランキング |

買い付け11日目(2)

どれだけ時間をおいてブログを書いているんだ…と、自分でも呆れてしまうのですが買い付け日記2015も、これでおしまいです。
なかなか更新しないにも関わらず、読んでいただきありがとうございます。

買い付け最終日、お昼にパリに到着。
夜の便で日本に帰るので、夕方には空港に向かわなければいけない。
パリの街で行動できる時間は、4時間ほど。
北駅のコインロッカーに荷物を預けに向かいます。

地下のコインロッカーに到着したものの、コインロッカーがある部屋に入室するための検査にすごく時間がかかってしまい、気づいたら1時間もたっていたよぉ。残り3時間だー!

急ぎ足で、私がパリで絶対に行きたかったアンティークショップへ。

映画「アメリ」に多数の雑貨を提供して話題になった、L'Objet qui Parle(ロブジェキパルル)。

「アメリ」は私が大好きな映画。
ふんわりとした曖昧な空気感、色彩豊かなインテリアや景色、空間の切り取り方。
曖昧さと、明確さ、相反するふたつが絶妙に交じり合っていて本当に素敵。
自分の世界についつい入りこんでしまう主人公のアメリ。アメリの幸せな妄想がどんどん現実になっていく。
妄想と現実。正反対のようで、つながっているのかなと思わせてくれる。
アメリが感じとる世界が大好き。

もう何十回見たかわからない「アメリ」。
その世界観を作り出したお店があるなんて!と、絶対に訪れたかったのです。

いろんな方に道を聞いて、助けてもらって到着。

c0329010_19581519.jpeg



お店の中に一歩足を踏み入れた瞬間から、自分の中の感情がどこかに消えてしまった。
なにかがこみ上げてくるとか、感動するとかそんなものではなくて、
人は本当に惹きつけられると、感覚だけのすごく真っ白な状態になるんだなということを、生まれて初めて体験した。

店主の方の、頭の中の妄想や感性をそのまま現実の世界に具現化したようなお店。
天才といわれる方の絵画や写真を見た時に圧倒される感覚。
絵画や写真などの作品は頭の中の妄想を一枚に表現するけれども、このお店は空間に表現している。

Monica lilyを始めたいと思ってまだ迷っていた時に、スウェーデンで出会った女性が言ってくれた言葉を思い出した。

「想像できることは、全部自分ができることなんだよ。そうじゃないと浮かびもしない。」

アンティークショップには、夢があると思う。そこが魅力だから、夢を描くためには、感性がすべてなんだと思う。
想像ができる繊細さ、心の広さ、自分の視点を大切にしなければ。磨かなければ。
そんな風に思わせてくれた、大切な時間と気づきを与えてくれたお店です。
たくさんの美しいものや、心震えるものを目にすることで、心が育つということを改めて感じました。

店主の方も本当に本当に素敵で、店主の方とのやりとりもお伝えしたいなと思うのですが、自分の中でずっと大切にしたい思い出なので、私の言葉では伝えようにもいろんなものがたりなくなってしまう気がするので、そっと心にしまっておきます。

このブログを読んで下さっている方なら、絶対に素敵だと思って感動すると思うので、パリを訪れることがもしあれば、ぜひ足を運んでみて下さい。

c0329010_19591927.jpeg


ひびくところがあるということは、どこかでつながっているんだと思います。
自らの感性を形にして、つながりを生むことができるなんて素敵だなと思いました。

パリでの最後のときは、あっとゆう間に過ぎ去ってしまいました。
お店をでたあとは近くの蚤の市をまわって、ここでもエレガントで魅力あるマダムからアンティークレースをたくさん買い付けて。
珍しい素敵なレースも見つかって、嬉しすぎました!!

少しだけ時間があったのでサクレクール寺院を訪れました。上まで登ってパリを一望して。
心のなかで「好きだっ!」とパリの街に向かって叫びました。笑

c0329010_20001381.jpeg


そこからは、メトロで北駅に向かってロッカーから荷物をだして、空港に向かって。

北駅で切符の買い方がわからず困っていたら、それを見て近くにいた方が助けてくれて。
やさしさが心にしみて、もう帰るのか…となんだかさみしくなって。

あぁ、でも素敵なモノをたくさん見つけることができたな。
人との出会いも、きれいな景色も、おいしい食べ物も、全部自分の中に吸収することができて幸せだ。

もっと心を磨いて、いろんなことを今以上に感じ取れる自分になって、また来れるように。
日々を一生懸命生きなければなと思いました。

Monica lilyの雑貨たちと、どんな旅のなかで出会い、お客様のところにお届けしているのか、このブログを読んで下さっているお客様に少しでもお伝えできていれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



# by monica_lily | 2016-05-27 19:56

買い付け11日目(1)

いまパリ行きの列車のなかで、このブログを書いています。

こちらに来た時は、まだコートがいるくらい寒かったけれど、すっかりあたたかくなって気持ち良いお天気が続いています。

フランスにきてビックリしたことは、日本と同じくらい桜が咲いていること。あと椿の花も。

こちらの桜は濃い桃色です。
青空とのコントラストが本当にきれいで、見つけるたびに立ち止まっては眺めていました。

車窓からは菜の花畑がひろがっているのがみえます。きれいだなぁ。
羊たちもいっぱいいるなぁ。
丘の上にはかわいいお家が集まってる。小さな村なのかな。どんな人が住んでいるのかなぁ。

移りゆく景色は見ていてあきることがないな。列車の旅って本当に楽しくて大好きです。

今日の夜の便で日本に帰ります。
お昼に滞在していた街からパリに向かって、数時間だけパリをまわろうと思っています。

午前中に蚤の市へ行きたかったけれど、パリ行きの列車のチケットはもう日本でとってあったし、何があるかわからないから、午前中は移動に備えよう。と思っていました。

でも朝、バスに乗っていたら駅前の通りで、ものすごく大きな蚤の市が開催されているのが見えて、バスの中から見ただけでも素敵なものがたくさんある気配がムンムンしてきて、買い付け魂に火がついて、もうめちゃくちゃ行きたかった!!

でも特大スーツケースとバックパック2つの大荷物で、コインロッカーも駅になくて、蚤の市には行けなくて、いまちょっとヘコんでいます…。

最後に悔しい思いをしたので、パリで素敵なものに出会えるように頑張らなくては。
# by monica_lily | 2015-10-04 01:43

買い付け10日目

今日は先週訪れた街で違う蚤の市が開催されるので、始発列車で移動して、そちらの街へ行ってきました。

今日はそちらの街で蚤の市が3つあるとゆうことで、はしごするぞ!いっぱい買い付けるぞー!と意気込みバッチリ!

街のinformationに蚤の市への行き方を聞きに行ったのですが、先週もお会いした方々で私のことを覚えてくれていて、本当に親切にしてくれました。

他のお客さんがまだ朝早くていなかったから、日本語おしえてー!って言ってくれた彼女達。いくつか簡単な日本語を伝えると、すごく喜んでくれて早速使ってくれました。
かわいかったなぁ!!嬉しかったなぁ!!

知らない人にでも、心を開いてやさしくできる人って本当に素敵だ。
私もそうじゃなきゃいけないな。

c0329010_21195657.jpg


彼女達の笑顔に癒されて、まずはひとつ目の蚤の市へ。
こちらは男性のアンティークコレクターの方が喜んで手にとりそうな、車や工具の部品などの出店がほとんどであまり何も買い付けられず…。
気を取り直して次の蚤の市に向かおうとすると、革製品やアンティークの帽子を扱っているお店を見つけました。
そちらでイベント出店のディスプレイ用にレザーケースを購入。
店主のご夫婦が仲良しで優しくて、素敵だったので写真を撮らせていただきました。

c0329010_21221888.jpg
二つ目は、先週も訪れた蚤の市へ。
もう場所も行き方もわかっているし、大丈夫だなと思って向かうと
まさか…先週開催されていた通りに誰もいない…。
急に中止になったのかな…と落ち込みながら歩いていると、少し離れた公園で人が集まっているのを発見!!
先週訪れた蚤の市とは雰囲気が違ったので、行きたいと思っていた蚤の市とは違ったのだけど、ラッキーなことに違う蚤の市が開催されていました!!
あぁ…よかった!!しかも、かわいいグリーティングカードや紙ものを、この蚤の市ではたくさん見つけることができて、もう本当にありがたいとしか言いようがない…。
ありがたや~~。

気持ちも晴れて、三つ目の蚤の市へ。
同じ街の中でも少し離れた場所にあって、バスを乗りついでやっと到着。
ここは、ふんわりとした情報をたよりに訪れたので、どれくらいの規模での開催なのか全くわかっていませんでした。

そしたら、まさか。自宅のお庭での小さな小さな開催での蚤の市で。
店主は6歳の男の子でした。
彼のお母さんがwebに投稿した蚤の市情報。それを勘違いした私が、日本からわざわざ買い付けに来てしまったことを伝えると、二人ともびっくりして大爆笑していました。
商品は彼の使わなくなったおもちゃや、お母さんと一緒に手作りしたマフィンやクッキー。
マフィンだけ購入してバイバイしました。
買い付けはできなかったけど、おもしろかったなぁ。

帰りのバスに乗っていると激しく雨が降ってきて。
よかったぁ。今日は雨の予報だったのだけど、夕方まで降られずにすんだ。
買い付けとしては、あまり満足な量は買い付けられなかったけれど、おもしろい一日だったな。

明日の夜の便で、日本に帰ります。
それまでは、少しの時間パリを巡ります。
楽しみな気持ちと、寂しい気持ちと、もう買い付けがおわってしまう不安な気持ちと。
いろんな気持ちを乗せて、電車に揺られていました。



# by monica_lily | 2015-10-04 01:41

ヨーロッパのアンティーク雑貨のお店 Monica lilyのブログです。旅のこと、雑貨のことなど、お店を通して出会った日々の物語を綴っていきます。


by monica_lily